What you(and "I") do every day should contribute to giving your life meaning. If it does’t, why are you doing it?

monox365+

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
次なる大ジャンプは?
”はじめはみんなサッカー選手”

これは、10年以上前にCMで見かけて今も覚えているキャッチャコピー。
小さな頃は自分もそういう夢があったっけな。と,今でもことあるごとに思い出す。

その夢をかなえることはなかったけれど、
いつの頃からか、自分について、"こういう風になりたい"、"こうでありたい"と考えるようになった。

この高校に行きたい。
こういうことがしたい。
イタリアに行きたい。
デザイナーになりたい。

時間はかかれど、全て思ったことはかなえてきた気がする。

最近、知り合いの人と自己暗示の力について熱く語った。

良いとも悪いことも自己暗示するとそうなってしまうんだよ、自然とそういう風になる運命の引力があるよねって。

こうなりたい、こうなりたくないも自分次第。だから、いつも何かしらイメージを持って生きないと。

とかく、何気なく毎日が流してしまうことが多い今日この頃、はっとさせられた話だった。

自己暗示+他言することの威力はすさまじい。
他人に言ってしまうと、やらなきゃいけないっていうのもあるけども。そのすごいストイックな自己向上の気持ちは何歳になっても持っていたいもの。

いいイメージを持って大口をたたけ。ただし、常に謙虚で一生懸命であれ。

そう自分に言い聞かせる。

次なる目標は??
今日の一日に点数をつけるとしたら何点??
毎日を意識的に生きることは難しいですね。

でも、着地点を見据えて日々ジャンプしていきます。
目指せ大ジャンプ!!!!
KC3A0004.jpg

スポンサーサイト
| 未分類 | 11:51 | トラックバック:0コメント:2
足し算的人間関係+++

一応学生ではあるので、それなりに本は読むのですが、
(人並みにね。)
とある本に、地元学なるものについて取り組まれている方の
お話が載っていた。

地元学とは・・・地元住民が、地元の暮らし、文化や資源を見つめ直し(再発見し)それを大切に育てながら、地域らしさを追求していく持続的な取り組みのこと

と、とあるHPに記されていたが、この本のコラムの著者の一言にはとても考えさせられた。

・・・”ないものねだり”から”あるものさがし”へと変わらなければいけない・・・。

地方の地域の行政というと、どうしても、ないものねだりであったり、問題のあることを解決しようという問題解決型に始終してしまうのだと。そればかりに時間を持っていかれるというのも現状なのかもしれないけどね。
この地元学では自らが、自らの住む地域について再発見していく、良いところを探していくという取り組みを基本としている。

それは、大それたことではなく、
私達の地域には森があるでしょう・・・と、そういう小さなことからはじめてみるといいという。
そこには木が生えていて、その木にはこんな鳥が止まっていて、その鳥はこういうきれいな川で餌をとっている。その川を中心として、それを取り巻く人間の生活風景やそこから派生した文化へとどんどん拡張していく・・・。
気がつくとこんなにも自慢できるものを自分達は持っているじゃないかということに感心する。じゃあ、これをベースに地域を活性化できないか。・・・そういった話だった。

これを読んだとき、すごく足し算な思考だな感じた。

何がない、アレがない、コレはダメ、・・・そういう引き算の思考よりもよりとてもとても健全だなと思った。
今もっているものは何か。
今もっているものの中で、いいものって沢山あるんじゃないか?って。


こういうことって、人間関係にも当てはまるような気がする。

題して足し算の人間関係と引き算の人間関係。


あの人は○○だねーと、他人について否定的(引き算的)にならず、この人にはこんなすごいとこがある。こんないいとこもある。と前向き(足し算的)に考えていけると、友人との関係も恋人との関係も今よりさらにさらによくなっていくのではないでしょうか。


写真はイタリア人の友達ロッコ。
なつかしい一枚。最近元気にしてるかな。
ロッコ

| 未分類 | 01:02 | トラックバック:0コメント:0
キンモクセイ。違う景色が見えるとき。
20071017223437.jpg



バイクでブーンと帰り道に、キンモクセイの匂いがすーっと匂って、頭の後ろの方からぬけていった。

またこの季節がやってきたなとすこし嬉しくなった。
小学生の頃、学校の玄関の前に咲いたキンモクセイを横目に登校していた。
予備校時代、夜遅くまで勉強して帰る途中どこからともなくキンモクセイの匂い。なんとなく嬉しくなって全速力でチャリをこいで帰った。

どうも、匂いには強烈に記憶を蘇らせる力があるらしい。
夕方のご飯のにおい、
ばあちゃんちのにおい、
海の潮風のにおい、
図工で使った粘土のにおい、
見知らぬ街でのレンガのにおい、・・・。
同じような匂いをかぎながら、今見ている間の前の景色と全然違う景色を見ている。

その中でも、特に冬の匂いが好きだ。
鼻から入って、ツーンと鼻の奥を刺激して、肺を駆け巡る冷たい空気。それにキンモクセイの香りがまじる時は最高。ちょっと感傷的な気分になって、そんな自分に酔う。
はたから見たら、かなりバカバカしい自己完結の物語。

匂いに記憶をとどめておくことができるなら、
これからどんな記憶をとどめていこうか。
誰とどこでどんな匂いを残していこうか。そんなことをたまに考える。
| 未分類 | 22:33 | トラックバック:0コメント:0
海つなぐ海
ba4 beach clean


何度となく海に行き、何度となく砂浜に座った。
海の記憶を頼りに色んなことを思い出す。




塩っぽい、火照った体で、田舎町。
一時間もバスを待ち続けたあの日。
朝早く勇み足で海に向かう。
波がないから、風がないから、と人生初サーフィンがお預けになったあの日。
もう時間がないね、もう泳げなくなるねと、逃げる夏を追いかけるように海に走ったあの日。あの日海は大荒れ。

記憶が記憶をよんで、水の流れになり、
意識はさらに深いところへ。

もう日本に帰らなきゃというあの子と初めて行った小旅行。
目の前に広がる異国の海。時間がすぎるのがあまりにも早すぎると、しょんぼりする僕の横で、
母を訪ねて三千里の町だね、マルコの町だね、と呟くあの子の見つめる海の向こうはアフリカ大陸。

橋を渡って渡って・・・異常に橋の多い水の都。
一瞬自分達がミニチュアになったと思うくらい大きな豪華客船が、僕の視界のフレームを右から左へとゆっくり流れてくる。
画面いっぱい。水から浮き上がってきたような美しい都。
行きかう小さなボート達。それを眺める沢山の人。

砂漠か海か。午後7時。空から海へとすべり落ちそうな真っ赤な夕日を背にキレイに着飾ったラクダが歩く。ときおり横から吹き付ける砂風に目をつむる。目を閉じていても真っ赤な世界。夕日が、右手を水平線から出して、またねと手を振りながら消えるまで、遊びはしゃぐ大人子供大人子供。
暑く、辛く、ものすごく甘い、あの国の夕暮れ。

一番近いお隣の国。ベンチに座る。オレンジ色のナトリウムランプに照らされて影となり、黒く砂浜にシルエットを落とす。これいい感じやね、と影人形のような写真を何枚も撮った。透明な冷たい空気が、遠くにかかる大きな大きな橋のイルミネーションをさらに鮮やかに、さらに煌びやかに。
この国ではこういう流行が?海岸にポツリポツリと立つカップルシート、というか、半分テント。
砂浜も冷たいこの季節に、花火を持ってはしゃぐ若者。


自分の知る限りの世界を巡って、人口数百人の小さな島に
戻ってくる。


月の明かりで真っ白な道ができるこの島には、
沢山の妖精たちがいる。妖精が海を、島を守り、海を大地を大切にしよーぜと訪れる人に呼びかける。波音にかき消され聞こえないくらいの小さな声と泣きたくなるくらい美しい景色を見せながら。
こぼれそうなくらい星が溢れる夏の空を見上げて、落ちてきそうだと、僕は少し怖くなる。
砂浜には空にぶら下がりきれなくなった沢山の小さな星が落っこちる。こうなると、どちらが砂浜か、どちらが夜空か。
ついに分からなくなる。
砂のように細かい銀色の星浜。
朝がくる。自転車を走らせて海に走る。
限りなく透明に近い青。
何百と大群となって浅瀬に押し寄せたナマコ達は神様の使い。
そう雑誌に書いてあった。あまりにもタイムリーでまた少し怖くなる。
ナマコの祈り。というお話。


なぜだかわからないけど、僕は島が好きだ。
人が自然に敏感だし、自然も人間に敏感だ。
だから、あまりにもキレイすぎてドキドキする。
あまりにもキレイで、すぐにこわれそうだし、こわさないようにと、また、ドキドキする。
でも自分が行くと必ず雨が降る。
でも、また来いよと、言われてるのだと最高に前向きに考えるようにしている。

また一つ。また一つ。また一つ。
今度は思い出話ではなく、ゴミを拾う。
人間は自分にとって都合のいいものしか見えないようになっているのかと本気で考えてしまった。
普段見えなかったゴミの数々。きりがないほどの。
照りつける太陽が、もっと頑張れと背中を押してくれる。
汗が雨になって降る。
小さなゴミが溜まり溜まって海を、海に訪れた人の思い出を汚すなら、
小さなゴミを少しずつとっていけばいい。
単純だ。
そんな小さな行動にはちょっと大きな勇気と思い切りのよさがいる。
みんなでやれば??誘ってくれた仲間。
また一ついい思い出が海でつながっていく。
そしてこれからも。




海つなぐ海。つなぐ海つなぐ。
海でつなぐ海の思い出。
海でつながるこの世界。
色んな場所で落としてきたすばらしい時間と、
大事に持って帰ってきた沢山の思い出。
今、目に広がる海と、体の中に覚えた海とが共振する。
心臓がバクバクする。
そこにスーッと水が流れてきて、浸み込む。
沢山の海でのお話と、そこにいた沢山の人たちのあのときの顔を撫でるように流れて、また戻ってくる。


海は広いな大きいな。
そう習ったあの歌のとおり、海はでかい。
何千何万という人の思い出を抱いて、それでもなお、
またおいでねと言ってくれる。

いつまでも、そう言って貰える様に、
海はきれいに。
海に感謝。
ありがとう。





| 未分類 | 11:37 | トラックバック:0コメント:0
笑えれば
人体に欠かせない必須アミノ酸を
求めるように、
人は笑いを切望するものだ。

(パッチ・アダムス)
| 未分類 | 21:41 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

seiji

Author:seiji
今日、おれはまた1日を棒に振った。人生は棒に振れ。しかし1日はもっと大切にすべきだ。・・・そういや、そんなこと言ってた人いたな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。