What you(and "I") do every day should contribute to giving your life meaning. If it does’t, why are you doing it?

monox365+

キンモクセイ。違う景色が見えるとき。 | main | 笑えれば
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
海つなぐ海
ba4 beach clean


何度となく海に行き、何度となく砂浜に座った。
海の記憶を頼りに色んなことを思い出す。




塩っぽい、火照った体で、田舎町。
一時間もバスを待ち続けたあの日。
朝早く勇み足で海に向かう。
波がないから、風がないから、と人生初サーフィンがお預けになったあの日。
もう時間がないね、もう泳げなくなるねと、逃げる夏を追いかけるように海に走ったあの日。あの日海は大荒れ。

記憶が記憶をよんで、水の流れになり、
意識はさらに深いところへ。

もう日本に帰らなきゃというあの子と初めて行った小旅行。
目の前に広がる異国の海。時間がすぎるのがあまりにも早すぎると、しょんぼりする僕の横で、
母を訪ねて三千里の町だね、マルコの町だね、と呟くあの子の見つめる海の向こうはアフリカ大陸。

橋を渡って渡って・・・異常に橋の多い水の都。
一瞬自分達がミニチュアになったと思うくらい大きな豪華客船が、僕の視界のフレームを右から左へとゆっくり流れてくる。
画面いっぱい。水から浮き上がってきたような美しい都。
行きかう小さなボート達。それを眺める沢山の人。

砂漠か海か。午後7時。空から海へとすべり落ちそうな真っ赤な夕日を背にキレイに着飾ったラクダが歩く。ときおり横から吹き付ける砂風に目をつむる。目を閉じていても真っ赤な世界。夕日が、右手を水平線から出して、またねと手を振りながら消えるまで、遊びはしゃぐ大人子供大人子供。
暑く、辛く、ものすごく甘い、あの国の夕暮れ。

一番近いお隣の国。ベンチに座る。オレンジ色のナトリウムランプに照らされて影となり、黒く砂浜にシルエットを落とす。これいい感じやね、と影人形のような写真を何枚も撮った。透明な冷たい空気が、遠くにかかる大きな大きな橋のイルミネーションをさらに鮮やかに、さらに煌びやかに。
この国ではこういう流行が?海岸にポツリポツリと立つカップルシート、というか、半分テント。
砂浜も冷たいこの季節に、花火を持ってはしゃぐ若者。


自分の知る限りの世界を巡って、人口数百人の小さな島に
戻ってくる。


月の明かりで真っ白な道ができるこの島には、
沢山の妖精たちがいる。妖精が海を、島を守り、海を大地を大切にしよーぜと訪れる人に呼びかける。波音にかき消され聞こえないくらいの小さな声と泣きたくなるくらい美しい景色を見せながら。
こぼれそうなくらい星が溢れる夏の空を見上げて、落ちてきそうだと、僕は少し怖くなる。
砂浜には空にぶら下がりきれなくなった沢山の小さな星が落っこちる。こうなると、どちらが砂浜か、どちらが夜空か。
ついに分からなくなる。
砂のように細かい銀色の星浜。
朝がくる。自転車を走らせて海に走る。
限りなく透明に近い青。
何百と大群となって浅瀬に押し寄せたナマコ達は神様の使い。
そう雑誌に書いてあった。あまりにもタイムリーでまた少し怖くなる。
ナマコの祈り。というお話。


なぜだかわからないけど、僕は島が好きだ。
人が自然に敏感だし、自然も人間に敏感だ。
だから、あまりにもキレイすぎてドキドキする。
あまりにもキレイで、すぐにこわれそうだし、こわさないようにと、また、ドキドキする。
でも自分が行くと必ず雨が降る。
でも、また来いよと、言われてるのだと最高に前向きに考えるようにしている。

また一つ。また一つ。また一つ。
今度は思い出話ではなく、ゴミを拾う。
人間は自分にとって都合のいいものしか見えないようになっているのかと本気で考えてしまった。
普段見えなかったゴミの数々。きりがないほどの。
照りつける太陽が、もっと頑張れと背中を押してくれる。
汗が雨になって降る。
小さなゴミが溜まり溜まって海を、海に訪れた人の思い出を汚すなら、
小さなゴミを少しずつとっていけばいい。
単純だ。
そんな小さな行動にはちょっと大きな勇気と思い切りのよさがいる。
みんなでやれば??誘ってくれた仲間。
また一ついい思い出が海でつながっていく。
そしてこれからも。




海つなぐ海。つなぐ海つなぐ。
海でつなぐ海の思い出。
海でつながるこの世界。
色んな場所で落としてきたすばらしい時間と、
大事に持って帰ってきた沢山の思い出。
今、目に広がる海と、体の中に覚えた海とが共振する。
心臓がバクバクする。
そこにスーッと水が流れてきて、浸み込む。
沢山の海でのお話と、そこにいた沢山の人たちのあのときの顔を撫でるように流れて、また戻ってくる。


海は広いな大きいな。
そう習ったあの歌のとおり、海はでかい。
何千何万という人の思い出を抱いて、それでもなお、
またおいでねと言ってくれる。

いつまでも、そう言って貰える様に、
海はきれいに。
海に感謝。
ありがとう。





スポンサーサイト
| 未分類 | 11:37 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://monox365.blog22.fc2.com/tb.php/18-93a1530d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

seiji

Author:seiji
今日、おれはまた1日を棒に振った。人生は棒に振れ。しかし1日はもっと大切にすべきだ。・・・そういや、そんなこと言ってた人いたな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。